Hunger For Life Vol.1 live information

HFL1

LINEKRAFT one-man live and speech HUNGER FOR LIFE Vol.1
@Pool / Sakuradai, Tokyo
2023.01.28(Sat) Open:18:30 Start:19:00
[Adv:¥2000 Door:¥2500] + 1drink

”如何にしてインダストリアルミュージックは私の人間精神原理に影響を与えたか"
How industrial music infected my human mind principle

これはインダストリアルミュージックを題材にした
ある馬の骨である人間一人による、討論と演奏を行おうという試みである。

・馬の骨による講演
Horse Bone Speech
・質疑応答
Question & Answer
・演奏
Live

前売券予約専用サイト

https://reserva.be/threeplugs

YoyakuSite


------------ライブ&スピーチの情報を順次追加いたします
------------


講演で取り挙げる予定のインダストリアルミュージック

「アルバムの制作者の意図よりもさらに重大な事は
視聴者としてアルバムに関わった者が
どう考え、どう行動するかである。」

DT1DT2

DISSECTING TABLE 
[ULTRA POINT OF INTERSECTION EXIST] 1987


広島出身、辻一郎氏のユニットDissecting Tableの
1987年発売の1stアルバム。
金属の響きと野獣の咆哮が絶望をあらわすかのような音世界と、
死体によって埋め尽くされたアートワーク。
ジャケットの内側に
”I MUST SEEKING THE TRUE NO JUDGING GOOD AND EVIL”
とある。
正しいか悪いかを判断しない真実を私は探さなければならない。


AN1AN2

Am Not  [The Developing World] 2017


イギリス出身、タモン・ミヤキタ氏のユニット
AM NOTのインダストリアルミュージックは、
この音楽は確実に進歩し、極めて真剣に対峙する事を
現代に継承している人間がいると私に確信させた。
緻密に構成された音に、歌詞を丁寧に表現したアートワーク。
ライブでのスライドにも文章を用いて見るものに伝えようとする
表現への取り組みは旧来のインダストリアルミュージックとは
ある意味別の道を選択していた。
別の道を選択している事は、
到達する場所が違うという意味ではない。


cd1cd3

CON-DOM [ALL IN GOOD FAITH] 1989

「聖なる偽善のための聖歌、隔離され、毒入りのワインのような
神聖なる賛美の聖杯。友よ、君は本当に泥酔している!
喉が渇く、容器からあふれんばかりに、
たとえ再び飲み干しても、すぐまた乾くんだ。」

私にとって、人間をテーマにしたアルバムという考え方ができる
人間は何に泥酔し、乾いているのか? 
宗教は一つの例に過ぎないのではないか

以下 2003年、CON-DOM インタビューより抜粋

ーーー    彼は長く真っ直ぐな通りにいた。   
ーーー
ーーー  夥しい人々のほんの一部分がそこにいた。 ーーー
ーーー  しかし彼は自分の周りに、その向こうに、 ーーー
ーーー   巨大なレンガの山の向こうに隠れた   ーーー
ーーー     水平線のぎりぎりの所まで、    ーーー
ーーー   物凄い数の人の群れがいると感じた。  ーーー
ーーー 彼等は蝗のように大群で、蟻のように勤勉に、ーーー
ーーー 自然の力のように無分別に群れ集っていた。 ーーー
ーーー     盲目的に、又、規則正しく、    ーーー
ーーー    又、我を忘れて前進していた。    ーーー
ーーー       まるで感情や論理、      ーーー
ーーー  恐らくは恐怖にさえ無感覚である様に。  ーーー



MB1MB2

Maurizio Bianchi
[Symphony For A Genocide] 1981

イタリア、ミラノ、ナチ、虐殺 このアルバムは何を意味するのか
トラック・タイトルはポーランドに存在したユダヤ人強制収容所名。